読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話題のニュースにひとこと言いたい

話題のニュースで気になった出来事をバッサリ?斬ります。

ショーン・マクアードル川上さんの何もかも嘘なのは子供の頃からのクセ?

報道ステーションやとくダネ!で、経営コンサルタントとしてコメンテーターを務めていたショーン・マクアードル川上氏が、経歴などを詐称していたという報道が話題です。


この問題、よくある政治家の学歴詐称さわぎのようなものなのかと思っていましたが、どうやらもっとたちが悪いようです。


この人、誰もがハーフで海外の経営手法を日本に取り込む経営コンサルタントなのかと思っていましたが、なんと純粋な日本人で本名は川上伸一郎なんだそうです。


しかも、海外留学経験が無いのにあるといったり、MBAを取得しているといってるのに実は持っていなかったり…。


なんと、経営コンサルタントという肩書も怪しいものらしいです!


とくダネ!のようなどうでもいいワイドショーは別ですが、報道ステーションのように真面目なニュース番組でこのような人物を使っていたのは責任問題です。


だって、あの古舘伊知郎氏がニュースに対するコメントをこの川上氏に求めて、そのコメントにうんうんうなずいてたんですよ…


それなのに、古舘伊知郎氏のこの問題に対するコメントがあまりに無責任でした。


番組側にはまったく落ち度が無いという態度は許せませんね。


もとから報道ステーションはかなり偏向報道のひどい、問題のおおい番組だとは思っていましたが、開いた口がふさがりません。


テレビ朝日にしても朝日新聞にしても、身内の問題には本当に甘くてまったく信用できない会社になりさがってしまいました。


いや、本質は最初からまったく変わっていなくて、視聴者のわれわれがその正体にようやく気付くことができたと言っていいのかもしれません。


話は川上氏に戻りますが、同級生の話では、学生時代のあだ名が「ホラッチョ川上」だったそうです。


これ、明らかにホラを吹くからホラッチョですよね…。


朝日新聞テレビ朝日同様、この川上氏も子供の頃から本質は何も変わっていなかったようです。


その点で言えば、テレビ朝日の看板ニュース番組のコメンテーターをホラッチョ川上氏が務めるのは、当然だったのかもしれませんね。(^_^;)


これからは芸名をホラッチョ川上で、そのまま報道ステーションのコメンテーターをすればいいと思います。