読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話題のニュースにひとこと言いたい

話題のニュースで気になった出来事をバッサリ?斬ります。

民進党を「アホ」呼ばわりのおおさか維新「足立議員」の答弁が正論すぎる【動画あり】

民進党に対して国会の質疑で「アホ」呼ばわりして懲罰動議を提出されたおおさか維新の足立議員。

どういった内容だったのか実際に動画を見てみました。 まだご覧になっていない方で興味のある方はごらんください。

どうですか?

私は至極まっとうな事しか言っていないんですがwwwって感想しかありません。

実際に私は、民進党の国会の質疑には本当にうんざりしていました。仕事柄、国会中継を聞き流しながら仕事をする事が多いんですが、とにかく現政権の揚げ足取りしかできなくて、自分たちの意見は全く無し…

国民とすれば、自民党が完璧だとは思わないまでも、野党第一党がこれでは自民党しか選べないっていうのが本音です。

おおさか維新は橋下代表がいた時から是々非々できっちり論議するところが良かったです。

足立議員は民進党に対して国会の恥、日本の恥、と断じてますが、まさしくこれが本当の日本人の意見ですよね。

そりゃあ、現政権、安倍政権に対して原発反対派や改憲反対派の方たちは不満をもっていると思います。それを現政権の反対勢力だからといって民進党を応援するのはあまりにも無責任ですよね。

きっちりとした議論になる対案を準備できない以上、日本の運営を任せるわけにはいきません。

おおさか維新が全ていいとは思いませんが、自民党の政策でも良いものはいいと認めて、ダメなものはきっちり詰めていく、是々非々でないとホントただのなんちゃって議員です。 足立議員に「あほ」と言われるのも当然ですよね…。

この動画の内容をまったく国民に知らせないマスコミもかなり責任はあると思いますが。

今はネット社会でこういった情報はすぐに拡散されるという事に気付いているのかいないのか…、今のままだとテレビも新聞も滅びてしまうんじゃないかと思いました。

ショーン・マクアードル川上さんの何もかも嘘なのは子供の頃からのクセ?

報道ステーションやとくダネ!で、経営コンサルタントとしてコメンテーターを務めていたショーン・マクアードル川上氏が、経歴などを詐称していたという報道が話題です。


この問題、よくある政治家の学歴詐称さわぎのようなものなのかと思っていましたが、どうやらもっとたちが悪いようです。


この人、誰もがハーフで海外の経営手法を日本に取り込む経営コンサルタントなのかと思っていましたが、なんと純粋な日本人で本名は川上伸一郎なんだそうです。


しかも、海外留学経験が無いのにあるといったり、MBAを取得しているといってるのに実は持っていなかったり…。


なんと、経営コンサルタントという肩書も怪しいものらしいです!


とくダネ!のようなどうでもいいワイドショーは別ですが、報道ステーションのように真面目なニュース番組でこのような人物を使っていたのは責任問題です。


だって、あの古舘伊知郎氏がニュースに対するコメントをこの川上氏に求めて、そのコメントにうんうんうなずいてたんですよ…


それなのに、古舘伊知郎氏のこの問題に対するコメントがあまりに無責任でした。


番組側にはまったく落ち度が無いという態度は許せませんね。


もとから報道ステーションはかなり偏向報道のひどい、問題のおおい番組だとは思っていましたが、開いた口がふさがりません。


テレビ朝日にしても朝日新聞にしても、身内の問題には本当に甘くてまったく信用できない会社になりさがってしまいました。


いや、本質は最初からまったく変わっていなくて、視聴者のわれわれがその正体にようやく気付くことができたと言っていいのかもしれません。


話は川上氏に戻りますが、同級生の話では、学生時代のあだ名が「ホラッチョ川上」だったそうです。


これ、明らかにホラを吹くからホラッチョですよね…。


朝日新聞テレビ朝日同様、この川上氏も子供の頃から本質は何も変わっていなかったようです。


その点で言えば、テレビ朝日の看板ニュース番組のコメンテーターをホラッチョ川上氏が務めるのは、当然だったのかもしれませんね。(^_^;)


これからは芸名をホラッチョ川上で、そのまま報道ステーションのコメンテーターをすればいいと思います。

東日本大震災から5年たって思うこと

東日本大震災から5年が過ぎて、今日は3月14日のホワイトデーですね。職場では、義理チョコをもらったお返しを準備するのに男性陣が必死で頑張っています。

「平和だな~」と思う反面、あの東日本大震災からもう5年が経って、テレビで特集を組まれてもその日だけですぐにみんな忘れてしまうものですね。

でも、今年は関西電力が管轄している高浜原発が裁判所の判決で停止する命令がでたおかげで、原発に対する話題がまだ盛り上がっています。

 

関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を即時差し止めた大津地裁の仮処分決定について、住民側弁護団長の井戸謙一弁護士が13日、大津市内で開かれた集会で成果を報告した。

 朝日新聞デジタルより引用

 

滋賀県の少数の県民が起こした訴訟のようですが、この判決で原発が停止した影響で、5月に予定されていた電気料金の値下げが延期されることになりました。

実際、関西電力の電気料金が非常に高くて、やっと値下げしてくれるのかと安心してた矢先の出来事です。これには、家庭料金でぼやいている私達より中小企業の社長さんが、死活問題だと怒っています。

原発は確かに何かあった時に危険ですが、日本の基準は世界一厳しいと言われています。それに合格して動いた原発なんですが、少数の人間の反対意見で止まってしまうんですから、よくも悪くも本当に民主主義で平和な国ですよね日本は…。

原発に変わるクリーンで安全な発電方法を原発と同時に開発して、併用していくしか手はないと思うんですが…。

今の日本に原発を源にする電力は本当に必要ですので、早くこの判決が覆ってくれる事を祈っています。